知能教育と英語教育で「脳」を育む。
大阪・奈良で幼児教室をお探しなら「めばえ国際学園」

MAIL

MENU

ブログBLOG

  • 2022.05.22 MEBAE KIDS 知能開発部門 新着情報

アメリカでの生活:5月/メイ・バスケット【グローバル英語学院】

こんにちは!
グローバル英語学院(GEA)です。
グローバル英語学院は、めばえ国際学園の英語部門を担う、
奈良の大和西大寺にある英会話スクールです!

今日はグローバル英語学院の講師、Justin先生の
メイ・バスケット🍬のお話をご紹介します♪

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー

May Basket

Thank you for stopping by again this month. We're always happy to have you back. Today while researching what to write for the May entry of American Life I came across some interesting history about America that I had never even heard about. It is this history I want to talk about very briefly today. Today’s topic is May Baskets.

When I sat down to do some research for this blog entry of course the first thing I did was a Google search. I typed in “how do Americans celebrate May?”.  Last year I wrote about Mother's Day so I didn't want to do that again (although I would like to wish all of you mothers out there a very Happy Mother’s Day!). While doing the research I found out about this tradition that I had never heard of before. It is called May basket.


According to some information the tradition is still practiced in Europe but not  widely celebrated in America (At least as far as I know. We never did this in the Northeast). So what is a May basket? Apparently the tradition of May Baskets used to be a tradition similar to How we celebrate Valentine's Day. Well kind of, anyway. Except on May 1st children used to leave baskets of flowers, sweets or candies on someone's (a sweetheart’s) doorstep or hang the basket on their doorknob. The person delivering the gift  would yell “May basket!” and run away. According to what I found online the tradition was popular in America during the 18th and 19 th centuries. The gifts would be left anonymously.


Honestly I was shocked that I had never heard of this celebration and I was so surprised to read about it. It is interesting to consider why traditions like this would die out but traditions like Halloween would continue over a long time


Well, there you have it. I guess we both learned something new about American life today. The next time I talk to my family I will ask them if they have ever heard of this tradition. 


Please take care and I hope to see you again next month!! 


Our first round of challenge lessons is coming so we are wishing all of our students good luck!


Thank you.

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

メイ・バスケット

今月もブログを見に来てくださり、ありがとうございます。
いつも見に来てくださってうれしいです♪
今日、「アメリカでの生活」の5月のブログに何を書こうか探していたら、
僕が一度も聞いたことがないアメリカについての興味深い歴史を見つけました。
今日はこの歴史について簡単にお話したいと思います。
今回のテーマは「メイ・バスケット」です。

このブログを書くためにいろいろ調べようとしたときに、
僕が最初にしたのはGoogle検索です。
僕は「アメリカ人は5月をどのように祝うのか?」と入力しました。
昨年は母の日について書いたので、同じことは書きたくありませんでした。
(でも皆さんのお母さんたちにとって、とても素敵な母の日になることを願っています。)
調べてみると、僕が今まで聞いたことのない伝統について知ることができました。
それがメイ・バスケットと呼ばれるものです。

いくつかの情報によると、その伝統はヨーロッパではまだ行われていますが、
アメリカでは広く祝われてはいません。
(少なくとも僕が知る限り、アメリカ北東部では祝ったことはありません。)
では、メイ・バスケットとは何なのでしょうか?
どうやらメイ・バスケットの伝統は、バレンタインデーを祝う伝統と似たものだったようです。
とにかく、そうですね。
5月1日以外の日に、子どもたちは誰か(恋人)の家の玄関先に
花やお菓子、キャンディーのバスケットを置いたり、ドアノブにかけたりしていました。
その贈り物を届けた人は、「メイ・バスケット!」と叫んで走って逃げます。
私がインターネットで見つけた情報によると、
この伝統は18世紀から19世紀のアメリカで人気があったようです。
贈り物は匿名で置かれます。

正直なところ、僕はこのお祝いを聞いたことがなかったことが衝撃でしたし、
読んでとても驚きました。
なぜこのような伝統がなくなるのか、
一方でなぜハロウィンのような伝統は長く続くのかを考えることは興味深いことです。
以上です。

今日はアメリカ人の生活に関して僕も含めて新しいことを知ることができたと思います。
今度僕もアメリカの家族と話すときに、この伝統について聞いたことがあるか聞いてみようと思います。

また来月に元気にお会いしましょう♪

チャレンジレッスンの最初の回がありますので、
生徒の皆さんの幸運を祈っています。

ありがとうございました!

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

グローバル英語学院(GLOBAL English Academy)

〒631-0822 奈良市西大寺栄町3-23 サンローゼビル2階
(大和西大寺駅徒歩2分)

☎TEL:0742-32-1157
✉MAIL: globalenglishacademynara@gmail.com

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

一覧に戻る