知能教育と英語教育で「脳」を育む。
大阪・奈良で幼児教室をお探しなら「めばえ国際学園」

MAIL

MENU

ブログBLOG

  • 2021.05.11 MEBAE KIDS

アメリカのイースターのお話【グローバル英語学院】

こんにちは!
グローバル英語学院です。
グローバル英語学院は、めばえ国際学園の英語部門を担う、
奈良の大和西大寺にある英会話スクールです!

今日はグローバル英語学院の講師、Justin先生が経験してきた、
アメリカのイースター🐰についてご紹介します^^

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

Growing up in America/ Easter
This is the first blog entry in a series about my life in America. Today I would like to talk about Easter and my childhood experience.
 
I remember Easter very vividly. The smell of the fresh flowers and the Easter candy are still very fresh in my mind. When I was a young child all of our extended family would go every year to my grandparents' house for Easter dinner and an Easter Egg hunt. We would go Saturday, one day before Easter. Lamb is the traditional food to be eaten on Easter but somehow I don't recall eating it on that day.
 
I remember when I was in elementary school, my same-aged cousin, who had always arrived before my family would be waiting for me upstairs and busily planning our Easter Egg hunt attack plan. He used to draw treasure maps of the backyard. I remember his maps and the marks he put on them to indicate where he thought the eggs were. They would always be scribbled in crayon. We would make the maps from the second floor while looking out onto the backyard where the Easter Hunt would take place. We would take the treasure maps and look outside from every window from the second floor to try to find the eggs before the hunt started. We would look out from the 2nd floor study, and bathroom. I think we even tried looking out of the attic a few times even though it was on the opposite side of the house. This would go on for many years.

We would wait to be called by the grown-ups to come down to start the hunt. Every year we thought our map would work.  But every year the eggs wouldn't be where we thought they would be. We found quite a lot of them anyway. After the Easter Egg Hunt and dinner we would say goodbye to our extended family and go back to my family home to wait for the Easter Bunny to come the next morning.
The next morning when my sister woke up we found eggs hidden all over the house. Additionally there was a special Easter Basket with small gifts, toys and candy. The toys and candy were fine when I was a little child but as I grew up the Easter Bunny would leave money instead. Then after the early morning excitement After our morning's breakfast we would go to church and wish everyone a Happy Easter.
This is how my family mostly spent Easter. The Easter Egg hunt is still going on today. I wonder if all my cousins are still having a similar experience that I had?
Thank you for reading.

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*


これが、僕のアメリカでの生活について紹介するはじめてのブログです。

今日は、イースターと僕の子供の頃の経験についてお話したいと思います。
イースターのことは、とても鮮明に覚えています。
花の香りやイースターキャンディーのことは、今でもよく覚えています。
僕が子供のころ、毎年、親戚一同が祖父母の家に集まりました。
みんなでイースターエッグ探しをしたり、イースターのディナーを食べたりするのです。
イースターの前日の土曜日に行っていました。
子羊はイースターに食べる伝統的な料理ですが、どういうわけか僕はその日に食べた記憶がありません。
僕が小学生の頃、同い年だったいとこが、いつも僕たち家族よりも早く祖父母の家に着いていて、
イースターエッグ探しの計画を立てながら、僕のことを2階で待っていました。
彼はいつも裏庭の宝の地図を描いていました。
彼の地図とイースターエッグが隠されているであろう場所に描かれた目印を、よく覚えています。
その目印はクレヨンで描かれていました。
僕たちは2階から、イースターエッグが隠されている裏庭を見ながら地図を描いていました。
僕たちは宝の地図を持って、2階の全部屋の窓から裏庭を見て、
イースターエッグ探しが始まる前にイースターエッグを見つけようとしました。
2階の勉強部屋やトイレの窓からも裏庭を見回していました。
僕たちは何度か屋根裏からも探しました。屋根裏は裏庭と反対側にあったのに…
こういったことが何年も続いていました。
大人たちからイースターエッグ探しが始まると呼ばれるまで待っていました。
毎年、僕たちの地図は役に立つと思っていました。
でも毎年、僕たちが思っていた場所にイースターエッグはなかったのです!
イースターエッグは本当にいろいろなところに隠されていました。
イースターエッグ探しと夕食が終わると、親戚一同と別れ、家に帰りました。
翌朝、イースターのうさぎが来るのを待つのです。
翌朝僕の姉が起きると、家中にイースターエッグが隠されているのを見つけました。
さらに、おもちゃやキャンディーでいっぱいの特別なイースターのバスケットがありました。
僕が小さかった頃はおもちゃやキャンディーでよかったのですが、
僕が大きくなると、イースターのうさぎは、おもちゃやキャンディーのかわりにお金を置いていくようになりました。
朝のお祭り騒ぎが終わって、朝ごはんを食べた後、みんなで教会に行って、イースターのお祈りをしました。

これが僕たち家族のイースターの過ごし方です。
イースターエッグ探しは今も続いています。
僕のいとこたちが、今でも同じように過ごしてくれていたらいいなぁと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

グローバル英語学院(GLOBAL English Academy)

〒631-0822 奈良市西大寺栄町3-23 サンローゼビル2階
(大和西大寺駅徒歩2分)

☎TEL:0742-32-1157
✉MAIL: globalenglishacademynara@gmail.com

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

一覧に戻る