知能教育と英語教育で「脳」を育む。
大阪・奈良で幼児教室をお探しなら「めばえ国際学園」

MAIL

MENU

ブログBLOG

  • 2019.06.29 知能開発部門

立命館宇治高校での情操教育【奈良校】

こんにちは。

めばえ国際学園奈良校の桑代です。

 

先日、立命館宇治高校の方々が学校で論文を書くために

情操教育の一環としてめばえ国際学園に来てくださいました。

 

「小さいお子さんの勉強って、どんなことに気を付けたらいいですか?」と聞いてくださったので、

こちらからはいろいろなことを経験することの重要性のお話をしました。

 

めばえ国際学園では年齢やコース、時期によって教材を使い分けています。

どんなときにどの教材を使うか。なぜ使うのか。どんな狙いがあるか。

指導する側は常にそれを踏まえています。

 

また、冊子教材だけでは補えない空間認知には積木を使用します。

七色積木というオリジナルの積木は大人でも難しいものです。

立命館宇治高校の生徒さんもチャレンジしていました。

その難しさに苦戦しながらも楽しそうに積木を使ってくださいました。

 

このように実際に見て、触って、自分で組み立てて。

小さなお子さんにとって11つが経験となり、成長につながっていきます。

 

少しの間でしたが、来てくださった立命館宇治高校の方々にとっても

良い経験になっていれば幸いです。

一覧に戻る