新着情報

ブログ一覧

※詳細へは、タイトルをクリックしてください。

☆ 私を見つける ☆ グループワークショップ

 

こんにちは!!

すっかり春めいてきましたね。 

内観療法をみなさんはご存知ですか?

いきいき教室では、3月8日(日) 大和内観研究所において、内観療法の面接者をしておられる村井久晃先生を講師にお招きし

「私を見つけるグループワークショップ」を開催させていただきました。

 

内観療法とは?目

・自己啓発や悩みの解決、病気の治療技法として応用されています。

・欧米・中国・韓国を中心に世界へ広がる、日本でできた数少ない心理療法の中の一つです。

・内観とは字の通り「内」を「観」る、「自分を知る」ということです。その内観の方法論をヒントにしたワークを考えています。

 

なぜ自分を知るのか?

・人はこれまでの経験から、様々な思考・行動パターンをもっています。それを知らないがために、何度も同じことを繰り返し、悩みから抜け出せない、わかっていてもやめられないということが起こる場合があります。自分を知るということは自分のパターンを知るということにもつながり、様々な解決の糸口を見つけることにつながります。

思考・行動パターンを知るとなぜ問題解決の糸口になるの?

・パターンに気付くためには、新しい視点が必要です。

新しい視点は①相手(子ども)の変化ばかりをもとめていた。②自分の関わり方が不具合をもたらしていた等に気づくことができ、自分の思考・行動が変われば、子どもとの関係を変えることができます。

新たな視点が備わると他にはどうなるの?

・子どもの新しい一面を発見することができる。

・今までと違う解決策が見つかる。

                 あるいは解決しなくてよい問題だった。

・問題ととらえていたことが問題ではなかった。

                                 などに気づく。

 

今回はお母さんのみのご参加ということでしたが、初めての試みで緊張されていたようですが、予想以上に気楽にお話しも楽しくしていただけたようです。

普段はなかなかお話することがなかったお母さん同士、悩みを共感し合いお話も盛り上がり、たくさんの(笑)も出てスッキリされたようでした。目がハート (顔)

いきいき教室では、保護者の方にも学んでいただきお子さんと共に成長していただければと考えています。

 

おかげ様で好評でしたので、第2弾も計画中です。残念ながら参加できなかった方も次のチャンスをお楽しみに!!手 (チョキ)

 

 

 

 

Facebookからコメントする

comments


COPYRIGHT © めばえ国際学園 ALL RIGHTS RESERVED.