新着情報

ブログ一覧

※詳細へは、タイトルをクリックしてください。

☆幼児教育☆前頭葉を鍛えよう!!

めばえ幼児才能学園で実施された前頭葉機能テストでわかったこと!

保続率について

保続とは?

     前にした反応を場面や状況が変わっても持続することです。

つまり

新しいことに対応できない

柔軟な対応ができないことを意味します。

ですから頭の切り替えが遅く対応力がないことをいいます。

この働きは、脳が発達していくと少なくなります。

わーい (嬉しい顔)高齢者で多く出るようになります。

なので保続率は低いほど良いということです。

ワーキングメモリーの訓練をしている子が良い結果になりました。手 (チョキ)

つまり

大人たちや高齢者もワーキングメモリーを鍛えて何事にもすぐ対応できる柔軟な脳にしなきゃグッド (上向き矢印)

 


COPYRIGHT © めばえ国際学園 ALL RIGHTS RESERVED.